映画・音楽

特捜部Q檻の中の女、あらすじと感想

あらすじ

特捜部Qへの転属

デンマークの殺人課刑事のカールは、とある捜査で部下のハーディとアンカーの制止を聞かず、応援が来る前に現場に突入する

中には男の死体があり、危険だから外に出ようというときに、三人とも犯人から撃たれてしまう

カールは手の震えはあるものの普通に生活できるまで回復したが妻とは別居、ハーディは寝たきりになり、アンカーは殉職した

三ヶ月休職したカールは、復職を願い出たが、殺人課への復帰はできず新設された特捜部Qという部署へいくことになる

特捜部Qは、過去20年の未解決事件の書類のミスを探し分類する書類整理係

定年間近の人間がやる仕事、悪い言い方をすれば追い出し部屋だった

場所は地下にある倉庫、入り口には手書きのメモで「特捜部Q」と書かれていた

特捜部Qでの新たな相棒、アサド

ある日カールが地下に降りていくと大音量で音楽が流れていてアサドという男がいた

カールはアサドに、ここは終着駅だから元の部署に戻るように伝えた

するとアサドは、前は倉庫で二年間スタンプを押していた、前よりはずっと良いと言った

アサドは壁に資料をたくさん貼り付けていた

その中に、五年前ミレーデという女性がフェリーから投身自殺した事件の資料があった

ミレーデとウフェ

ミレーデは議員、ウフェはミレーデの弟で知的障害があった

日中はシッターにウフェをみてもらい、夜はミレーデが家に帰って面倒をみていた

ウフェはよく家の外を見ていたようだ

カールとアサドはミレーデの事件の資料を手に二人の足取りを追ってフェリーに乗り込んだ

状況からしてミレーデが自殺するのはおかしかった

目撃証言を辿ると、事件の直前にミレーデがいなくなったウフェを探していたこと、ウフェがレインコートの男と一緒にいたことがわかった

このあたりは、ミレーデとウフェの実際の行動シーンと、カールとアサドの捜査シーンが交互描かれている

加圧室に捕らえられたミレーデ

ウフェを探して、フェリーの車置き場に来たミレーデは何者かに捕まってしまう

現場にいたウフェは怯えるだけで何故かミレーデを助けなかった

突然明かりがついて、男の声でバケツが二つあるからトイレと食事に使うように言われる

犯人はさらに、脱出は不可能だ、これから気圧を2バーレルに上げる、鼓膜が破れるほど痛むだろうが慣れる、一年後に会おう、そう言って明かりは消えた

ウフェに会うカールとアサド

カールとアサドはウフェがいた療養所を訪ねた

ウフェは8歳のとき事故に遭い、両親を失い、解離性障害になった

解離性障害とは記憶の封印、現実世界からの逃避だそうな

ミレーデの失踪でウフェの症状は悪化していた

カールの問いかけには全く反応しなかった

バゲスン議員と同僚

カールは次に、バゲスン議員を調べた

バゲスン議員は二度ミレーデと外出したことがあったが妻帯者だった

カールはミレーデの同僚だった女性にも聞き込み、失踪の一ヶ月前にスウェーデンの会議で彼女の知らない男と親しくなっていたことがわかった

監禁され一年が過ぎたミレーデ

ミレーデは監禁されて一年が経っても、日付を数えて正気を保っていた

バケツが24時間で交換されるので、それを目安にしていたのだろう

おめでとう一年が過ぎたね、明かりがつき犯人の声がした

気圧を3バーレルに上げる、また一年後、、、

こんな絶望的な状況には耐えられない

ミレーデがスウェーデンで会った男

カールはわずかな手がかりから、ミレーデがスウェーデンで会っていた男を調べる

その会議は招待制で出席者を全て洗い出した

アサドはウフェとの交流を続けて、ウフェとの信頼関係を築いていた

そんな時、カールは課長からミレーデの捜査をやめるように言われてしまう

あちこちからの苦情を無視してカールは捜査を続ける

アサドはウフェに、ミレーデが会っていた可能性のある会議の出席者の写真を見せていった

ずっと無反応だったウフェだったが、ある写真を見ると呼吸が荒くなり興奮状態になった

そしてダニエル・ヘイルという男にたどり着いた

カールはその男を極秘で調べてもらったのだが、ミレーデの失踪後溺死していた

カールが現場の湖に行き調べると、現地の資料のダニエル・ヘイルと会議の出席者のダニエル・ヘイルが別人であることがわかった

そして、溺死の当日は二人で釣りに来ていたとボート屋のオヤジの証言を得た

レインコートの男は、ダニエルになりすまして会議に出席し、ミレーデの事件の半年後ダニエル本人を殺していた

ダニエルの元同僚に聞き込みすると、レインコートはラセという男でダニエルとともにデンマークの孤児院にいたことがわかった

ダニエルになりすましたラセはスウェーデンの会議のあとミレーデと関係を持っていた

ここまで捜査が進展したのに、カールとアサドは停職になってしまう

ラセとダニエルがいた孤児院へ

カールはアサドと会い捜査を続行する

ダニエルとラセがいた孤児院へ行った

ラセは愛称で、ラースが本名だった

ラセは自動車事故に遭ったことが原因で孤児院に来ていた

自動車事故とラセ

自動車事故は雪道で起こった

ミレーデ、ウフェと両親の乗った車と、ラセ、妹と両親の乗った車は並行して走っていた

子供だったラセとミレーデは並走する車の窓越しに顔を合わせていた

ラセは、ミレーデが運転してる親に目隠しをして遊んでいるのをいていた

その直後、正面から来た大型トレーラーを避けるために事故が起きた

生き残ったのはミレーデとウフェラセと母親だけだった

ラセの母親は事故のあと酒浸りになり、ラセは里親に引きとらるも性的虐待を受ける

そこを逃げ出したラセは孤児院に引き取られダニエルと出会った

その頃にはラセは、上級生にからかわれただけで殴り倒してボコボコにしてしまうほど精神的に不安定になっていた

成長したラセは虐待をした里親を殺している

そしてレストランで働いている時に、ミレーデが議員としてテレビに出ているのを見て犯行を決意する

ラセはダニエルのつてで会議に潜り込んでミレーデに接近した

ウフェがよく家の外を見ていたのは、ラセが来ていたからだった

ラセのもとにたどり着いたカールとアサド

ラセは母親と二人で暮らしていた

警察が来たことを知ったラセは、加圧室の空気を抜いてミレーデを殺そうとする

カールとアサドはラセを見つけ連行しようとするが、カールが何かを察して倉庫に引き返すことにした

するとラセはカールを殴り、アサドを刺して車から逃亡した

あと追ったカールは倉庫の中でミレーデが閉じ込められている加圧室を見つけスイッチを切ったのだが、ラセに見つかって首を絞められてしまう

助けに来たアサドがラセを鉄パイプで殴り、再びスイッチを止めることができた

直前に課長に電話していたことで救援が来て、ミレーデ、カール、アサドの三人とも助かった

カールは殺人課へ戻れることになったのだが、それを断り特捜部Qで働くことを選んだ

特捜部Q檻の中の女を見た感想

ずさんな捜査で自殺として片付けられるところだったミレーデ

カールアサドの執念で五年ぶりに救出された

冤罪事件が多いように、事故扱いで片付けられた事件は今も多いのだろう

この映画は、死なない程度に気圧が上げられ、健康でない状態で五年も監禁されていて、この先何年続くのかわからない時間の流れの怖さがある

気圧の関係なのか、歯ブラシがないからなのか、途中ペンチで歯を抜くシーンがあった

ベッドもふとんもない、あんなところに閉じ込められて何をして過ごしたのか

どうせならひと思いに殺してくれと思ってしまうだろう

ラセは事故の原因、自分が陥った境遇の全てがミレーデのせいだと思い犯行に及んだのだろう

よくわからないのは、スウェーデンの会議のあとラセとミレーデは関係を持っている

なぜその時、何もしなかったのか?

自宅の場所もわかっていたはずなので、わざわざフェリーで誘拐しなくても良かったんじゃないか

ミレーデという確信がなかった?長時間苦しめられる自宅に誘拐して完全犯罪にするため?ここは不明だ

ダニエルは足がつかないように殺されたっぽいので完全犯罪のためかな

あとなんで加圧室に閉じ込めることにしたんだろ

五年も食事と排泄物の世話をするってすごい根気と執念が必要

事故はミレーデがふざけてたせいかもしれないけど、まだ子供だったし、テレビでミレーデを見なければラセは思い出さなかったのかも

カールとアサドが武器なしでラセのもとに突入するのは無謀だった、カールがラセに背後を取られたところも警戒心が足りない気がする

この特捜部Qはシリーズ化されて続編があるのでそちらも近いうちに見ると思う

Amazonプライム・ビデオ「特捜部Q檻の中の女