映画・音楽

ブレイキング・バッドとエルカミーノをみた感想とあらすじ

あらすじ

ウォルターとジェシー

海外ドラマ、ブレイキング・バッドと、その劇場版エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIEをみた。

ネットフリックスで見ることができる。

ここから先、ネタバレあり。

あらすじは、肺ガンで余命宣告された化学教師が家族に財産を残すため、その知識を生かし高純度の覚醒剤(メス)を製造するというお話。

主人公は高校の化学教師ウォルター・ホワイト、パートナーはジェシー・ピンクマン(元教え子で麻薬の製造者、売人)。

ウォルターらのメスは街中の噂となり高値で取引される、ウォルターはハイゼンベルグと名乗り、悪の世界で有名になっていく。

ウォルターは真面目で頑固な性格、ジェシーはちょっといい加減で感情の起伏が激しいタイプ(実は良識があるタイプ)なので、しょっちゅうぶつかり喧嘩ばかりする。

だが、それが程よい関係にも見えてくる。

ウォルターの家族

家族に金を残したい一心でメスを作り販売したウォルター。

彼は誰にも頼りたくなかった、施しや同情を受けるのも嫌がった。

自身の治療費を裕福な友人が出してくれると言っても、あらゆる手を使って阻止し、自分で稼いだ金を使った。

家族は自分が養うという意志が強かった。

しかし、嘘に嘘を重ねた結果、妻スカイラーにバレてしまう。

葛藤の末、スカイラーは以前ウォルターがバイトしていた洗車場を買い取り、マネーロンダリングを始めるのだった。

それもウォルターが稼ぐドラッグマネーの額が大きくなりすぎて追いつかなくなってしまう。

ウォルターが物語後半で、手持ちの金をドラム缶に入れて隠すのだが、その額はおよそ90億円!

ウォルターには息子ジュニアがいて溺愛している。

ジュニアは障害があり両手に杖がないと歩けないが、車をねだられスポーツカーをプレゼントしている。

また生まれたばかりの娘ホリーもいる。

妻スカイラーにはマリーという妹がいる。

マリーは少し変わっていて面白く万引癖がある。

夫はハンクというDEA(麻薬取締局)に勤務する明るい男で、ハイゼンベルグを必死になって追跡することになる。

ジェシーの家族とパートナー

ジェシーには両親と弟がいて、ほとんど勘当状態である。

両親はジェシーを気にかけているようだが、呆れてもいる。

ジェシーはドラッグの問題でガンの叔母の家に住んでいて、叔母の死後もその家に住み続けた。

その地下室でメスを作っていたのだ。

ジェシーが、メスの売り上げで引っ越した先のアパートの隣には、ジェーンという女の子が住んでいた。

初めは相手にされていない感じだったが、そのうち恋人のような関係になる。

ジェシーがウォルターと揉めている最中、ジェシーの取り分の48万ドルをジェーンが脅迫してウォルターに持って来させた。

ジェシーとジェーンは、ロードオブザリングの撮影地のニュージーランドに行き、ジェーンはアートをやりジェシーはパイロットになることにした。

そのためにドラッグをやめようとしたのだが、またヘロインを使用する。

そしてジェーンはヘロインを使い寝ている時に嘔吐し窒息死してしまう。

この時ジェシーと話をしにきたウォルターは、ジェシーの今後のことを思ってか、ジェーンを見殺しにする。

そもそもウォルターがジェシーを起こそうと揺すったせいでジェーンが横向きから仰向けになってしまい、嘔吐物がつまって窒息したのでウォルターのせい。

ジェーンは物凄く綺麗な子だったので、見ていて本当に残念だった。

その後、悲しみのあまり自暴自棄になったジェシーは荒んだ生活を続ける中、新たな女性アンドレアと知り合い良い関係になるが、それもすぐに悲しい終わりを迎える。

ジェシーはウォルターとメスを作り始めたことで、一番辛い思いをしたと思う。

何故ジェシーにこんな辛いことばかり起こすのか謎である。

ジェシーの物語はスピンアウト映画で「エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE」という作品で描かれている。

これはブレイキング・バッドシリーズ終了後、しばらく経って撮影されたようで、出演者たちが明らかに年をとっていて違和感があった。

ジェーンも最後に出てきたのだが、前髪を揃えた髪型がちょっと厳しくなっていた笑。

個性豊かな悪役たち

メスを製造して大規模に販売するには、ストリートでの密売では限界があり、ウォルターとジェシーは大量に購入してくれる大口の客を探すことになる。

ソウル、本名はジミー・マッギル、弁護士、かなりグレーな仕事も請け負う。

スピンアウトドラマ「ベター・コール・ソウル」はNetflixで見られる。

ソウルとマイクを中心に、他の登場人物の過去が描かれている。

善人だけど法を犯す人。

マイク、ガスの元にいた元警官。

ジェシーはしばらくマイクと一緒に生活していたので、マイクのことをすごく慕っていた。

ジェシーは、マイクに自分の年だったらどこに行くかと聞き、マイクはアラスカに行くと答えた。

マイクの過去は「ベター・コール・ソウル」で描かれている。

ウォルターに殺される。

トゥコ、メキシコ系の凶暴な悪。

ジェシーも取引を持ちかけボコボコにされる、その後ウォルターが雷酸水銀で爆発を起こしジェシーの借りは返した。

メスを吸った後の「Tight! Tight! Tight!」はすごく記憶に残る 笑

部下に激昂し殴り殺したこともあった。

「ベター・コール・ソウル」にも登場、祖母には優しく、料理もする。

ソウル、マイクとの過去が描かれている。

ハンクに射殺される。

ガス、表向きはロスポジョスエルマノスというチキンチェーン店の経営者。

裏の顔は、チキンチェーンの流通販売網を使いメスを売り捌く大物ドラッグディーラー。

過去に、弟をヘクトルに殺され服従したフリをしていたが、復讐の機会を虎視眈々と狙っていた。

ウォルターに殺される。

ヘクトル、トゥコの叔父、メキシコ麻薬カルテル。

人を簡単に殺す最低の人間。

ガスの弟を殺し、ガスにたびたび嫌がらせをする。

車椅子でベルを鳴らす老人。

ガスに復讐され爆死。

ジャックトッドという下っ端の叔父で殺し屋。

たいしたキャラじゃないと思っていたら、ウォルターの金を奪い、ハンクを殺し、ジェシーを監禁とけっこうな働きをした。

ウォルターに殺される。

トッド、感情の起伏がなく人をかんたんに殺す、もともと仲間だった、ウォルターを尊敬している。

ジェシーの恋人アンドレアを見せしめのため射殺、その息子ブライアンを人質にとりジェシーを檻に入れメスを造らせる。

リディアに惚れている。

ジェシーに絞殺される。

リディア、いつもビシッとスーツを着て、カモミールティーにソイミルクとステビアを入れて飲む女性。

メスの原料メチルアミンを扱う複合企業の物流部門主任で、ガスのパートナーだった。

保身のためには殺人も厭わない冷酷さを持つ。

ウォルターに毒殺される。

ブレキング・バッドの感想

海外ドラマは基本長い。

そのためちゃんと見たのはプリズンブレイク以来かもしれない。

ブレイキング・バッドはシーズン5まで。

映画版は「エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE」でネットフリックスでしか見られないっぽい。

スピンアウトドラマで弁護士のソウルが主役の「ベターコールソウル」もある。

とにかく面白いのでシーズン5まであっという間に見終わってしまう。

特にこの時期在宅勤務の人は一日中見ていられると思う。

真面目で物静かなウォルターが、目的のためには手段を選ばなくなっていく様には執念を感じた。

全ては家族のため、でもその家族は壊れてしまう。

この作品の登場人物で幸せになった人間はいたのだろうか?

まったく思いつかない。

可能性があるのはジェシーだ。

エルカミーノの最後でジェシーは過去を全て捨てて別人になり、アラスカに向かう。

その道中、ジェーンが助手席に現れたときはグッときた。

個人的には、ジェシーはジェーンと幸せになって欲しかった。

ジェーンは、宇宙に身を任せてきたけど最悪だった、自分で決める方がよっぽどいい、と言った。

ジェシーは自分で決めて、アラスカに向かったので明るい未来があることを祈る。

ブレイキング・バッドの中で、シーズン2にしかいなかったのに、一番好きなのがジェシージェーンの二人だから。

ブレキング・バッドを見るならネットフリックスかAmazonプライム。

劇場版「エルカミーノ」はNetflixでしか見られないっぽいので、どちらかといえばNetflixがおすすめ。

Netflix

Amazonプライムビデオ